馬鹿English

このブログでは、英語が苦手という人でも、受験で必ず役に立つ、押さえておきたい内容を網羅します。

第2講 動詞〜時制①〜 動詞のすべての基本は現在形、過去形、未来形!!これだけはマスターしろ!!

 

 

 

ブログをお読みの皆様、こんにちは。

 

今回は、前回お伝えした通り、動詞についての講義を行います。

今回は、動詞の中でも、一番最初に押さえておくべき、時制についての講義ブログとします。

 

第1回講義は文型を取り扱いましたが、文型は英語の導入みたいなものなので、今回から本格的なないように入ることになります。

まだまだ、先は長いですが、このブログを読めば、センター英語を含め、受験英語はほぼマスターできるようになっておりますので、読者登録して、ぜひ読破してください。

 

また、同時に並行してやっていただくと非常に効果のある参考書なども紹介いたしますので、そちらもぜひ参考になってください。

 

目次

 

1.はじめに

まず、動詞とは、動作を表すものです。

そんなこと知ってる、という方が多いと思いますが、

実は、この動詞が英文の中でもっとも重要なものと言っても過言ではないというほど重要なものです。

 

なぜかというと、動詞は文章の形をほぼ決めてしまうものだからです。

 

動詞が文章の形を決めるということは、本講義から数回に分けて行う動詞の講義を終えた段階でわかっていただけると思います。

 

では、動詞の時制についての説明をしていきたいと思います。

 

2.時制とは

まず、時制とは何か、説明しようと思います。

 

時制とは、簡単に言うと、動詞の表す動作が、いつ行われるものなのか、あるいは行われているのかを表すものです。

 

例えば、

「男の子が走っている。」

 

を英文で表すとすると、

The boy is running.

 

となるわけです。

この時、「走っている」ことを表すために、is running という表現を使います。

 

これは後で紹介するように現在進行形といい、現在まさに進行中の動作を表す表現になります。

 

このように、英語では、その動作がいつのものなのか、もっと言えば、その文章全体の時を動詞の形によって表すのです。

 

それでは、1つずつ説明していきます。

 

3.現在を表す動詞

まず、時制の中で基本となるのは、現在を表す形です。

これは、中学英語でも一番最初に習うもので、基本中の基本です。

 

⑴現在の様子を表す用法

現在形は、現在を中心として、過去にも未来にも広がる様子を表します。

 

例えば、

He sleeps in bed.

 

という文章は、

「彼は、(いつも/普段)ベッドで眠る。」という意味になります。

 

つまり、現在形は、現在の習慣や事実を表すものということになります。

 

したがって、「現在〜である」という意味を表すときは、動詞の現在形を用います。

一般動詞の現在形は、動詞の原形と同じ形です。

例外的に、主語が3人称単数の場合には、動詞の現在形に s をつけて使います。

 

ちなみに、be動詞は、

主語の形に合わせて、am、is、areというのが現在形になります。

 

⑵現在進行形

次に、

He is sleeping in bed.

 

とした場合はどうでしょう。

この場合には、

「彼は、ベッドで眠っている(最中だ)。」という意味になり、

現在まさに行われている動作を表すことになります。

 

したがって、be+動詞の-ing形を用いたものを現在進行形と言います。

このとき、be動詞は現在形を用います。

 

ところで、実は動詞にもその性質によって、いくつかのグループに分けることができます。

 

例えば、

runの場合、「走る」という動作を表すのに対して、

haveの場合は、「持っている」という状態を表します(状態動詞)。

 

このように状態を表す動詞の場合、特に一定の動きが生じるものではないので、現在進行形にすると、なんとなく違和感があります。

 

そこで、状態を表す動詞の場合、基本的には現在進行形の形にすることはできないということを覚えておいてください。

 

以上が現在形の基本になります。

 

 

それでは、現在形を用いたその他の意味について、もう少し取り扱っていきます。

 

⑶現在の習慣を表す

現在形は、今を中心にして、過去から未来にわたって繰り返す動作を表すというのが基本です。

 

ですから、現在形は、現在の習慣を表すことができます。

 

例えば、

My grandfather walks around in the park evry morning.

 

とすれば、

「祖父は、毎朝公園を散歩する。」

という意味になり、祖父の毎日の習慣を表すことができます。

 

⑷普遍の真理を表す

次に、現在形の同じような特徴を使って、

今も過去も未来も変わらない普遍の真理を表すこともできます。

 

例えば、

Water boils at 100 ℃.

 

と書くと、

「水は100℃で沸騰する。」という普遍の真理を表すことができます。

 

⑸現在進行形として特別な意味を表す場合

ちなみに、さっき状態動詞は基本的には現在進行形にしないということをお伝えしましたが、まれに進行形にする場合があります。

 

それはどのような場合かというと、

普段の状態を表すのではなく、一時的な状態を示す場合です。

 

例えば、

He is very kind.

といえば、彼が親切であるという普段の性質を表すのに対して、

 

He is being very kind today.

 といえば、彼が今日に限って親切であるという一時的な性質を表すことができます。

 

現在形には、以上のような使い方があります。

この現在形の用法は、過去や未来を表す表現にも通ずるところがありますので、すべての基本としてしっかりと押さえてください。

 

 

4.過去を表す動詞

次に、過去を表す動詞についてお話しします。

過去形の基本は、

現在と切り離された過去を表すということです。

 

⑴過去の状態を表す

例えば、

I lived in the USA in my childhood.

 

と言えば、「私は子供時代にアメリカに住んでいた。」という意味になります。

 

これは、過去のある時点にアメリカに住んでいたという状態を表しています。

しかも、現在の状態とは全く関係のないものなので、過去形を用いて表します。

 

ちなみに過去形は、動詞の原形に-edをつけて表すのが基本です。

たまに、madeなど不規則に変化するものもありますので、単語帳でしっかりと押さえましょう。

 

⑵過去の習慣を表す

また、現在形と同じように、

過去に繰り返し行われていた習慣を表す時にも過去形を使います。

 

例えば、

I usually went to the park with my friend.

「私は、普段友達と一緒に公園に行っていました。」

というように、過去の習慣を表します。

 

ちなみに、このような意味を表すときは、usuallyやoftenなど、頻度を表す副詞を伴うことが多いです。

 

⑶過去に1度だけ行われた動作を表す

また、過去形には、過去に1度だけ行われた動作を表すという用法もあります。

 

例えば、

I went to the Australia last summer.

「私は、去年の夏にオーストラリアに行きました。」

というような場合です。

 

⑷過去進行形

そして、過去を表す用法にも、現在の場合と同様に、進行形が存在します。

つまり、過去のある時点で進行中だった動作を表すことができます。

 

例えば、

I was watching TV when she called me.

と言えば、

「彼女が電話をくれた時、私はテレビを見ていた。」

 

という意味になります。

 

過去進行形は非常に簡単で、

現在進行形のbe動詞を過去形に変えればいいのです。

 

過去を表す表現の基本は以上です。

 

.未来を表す動詞

次に、未来を表す動詞です。

未来形は、過去形や現在形とは違い、まだ起こっていない事柄について述べる時に用います。

したがって、過去や現在を表す場合よりも、曖昧で、難しいです。

 

まず、簡単に未来を表す方法は、

be going to 不定詞 と will 動詞 と大きく2つがあります。

 

⑴単純な未来

will は、主語の意志を表すのが最も重要な用法です(意志未来)

willは名詞としても「意志」という意味を表すのは、ここからきています。

 

例えば、

I will call you back tomorrow.

 

とすれば、「明日折り返し電話します。」

という意味になります。

 

また、自然の成り行きで起こる未来も、will を用いて表します。

例えば、

It will be sunny tomorrow.「明日晴れるだろう。」

 

という感じです。

 

⑵確実な未来

逆に、

be going to 動詞 は、すでにしようと思っていることや、予兆がある場合に使います。

willよりも確実な未来を表すと考えると良いでしょう。

 

例えば、

I'm going to buy a new computer.

といえば、

「私は、新しいパソコンを買おうと思っている。」

ということになります。

 

たとえば、

It is going to rain.

 

といえば、「雨が降りそうだ。」

というような意味になります。これは、空を眺めながら、すぐにでも雨が降るだろうということを表しています。

 

つまり、willとbe going to の違いは、willがその場でするつもりになったことを表せるのに対し、be going to はすでにするつもりであった未来を表せることです。

 

また、be going to の方が、より確定的な未来を表します。

 

⑶未来に進行中であると考えられる動作

未来形にも当然進行形があります。

will be 動詞の-ing形 を使って表します。

 

例えば、

I will be studying at this time tomorrow.「明日の今頃、私は勉強しているだろう。」

ということが表せます。

 

⑷相手の予定を尋ねる表現

未来形で相手の予定を尋ねる場合、

be going toを使います。

 

なぜかというと、

簡単な理由は、Will you〜 を使うと、「〜してくれませんか」という依頼を表す表現になってしまうからです。

 

また、be going toを使うことで、「決まっている未来を尋ねる」ことができますので、意味的な面からも、be going toを使うことが正しいのです。

 

willを使うと、その場の思いつきの未来を聞くことになりますからね。

 

例えば、

What are you going to do tomorrow?

といえば、

「明日何をしますか。」

という意味になります。

 

 

 

 

 

5.まとめ

過去・現在・未来に関しての時制の説明はこのぐらいです。

 

 

今回は、簡単な時制にまとめました。

未来については、話し手の主観によってwillを使うのかbe going toを使うのかが分かれてきますので、そのあたりの理解をしっかりしておけば、英作文で細かいニュアンスもしっかりと表現できますので、復習をぜひお願いします。

 

次回は、完了形についての講義を行います。

 

よろしくお願いします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。